債務整理と過払い金返還請求の関係

借金を整理する債務整理を行うと、その過程の中で過払い金というものが発生し、それに対しての返還請求を行う事になります。債務整理は借金を整理するものですので、債務整理を行えば金融業者に対して過払い金の返還請求を行う事は良くある事だそうです。最近では債務整理というよりも、過払い金の返還請求を行うという人が多くなっているようです。この過払い金返還請求は、返済が完了した後でも10年以内に行えば過払い金となるお金を取り戻す事が可能だからなのです。そのため10年という時効を迎えていない場合などでは、過払い金が発生していると思われた場合などでは、弁護士などに相談をし、過払い金の返還請求を行ってお金を取り戻している人が多いわけです。因みに過払い金として返還されるお金は現金で返還されるそうですが、完済している場合は過払い金として算出した額がそのまま返還されますが、返済途中の場合では、過払い金として算出した額は返済に利用され、更に返済額から差し引いた残ったお金が現金で渡されるようです。このようなことからも、過払い金返還請求を行っただけでも債務整理となるわけです。また、他の債務整理の方法の中でもこの過払い金返還請求を行う事が多いようです。例えば任意整理などを行い、そこで過払いとなる金額を算出し、余計に支払っていたというお金を取り戻し借金を減額したりゼロにしたりも出来るわけです。また、中には借金がゼロになった上過払い金が戻ってくるというケースもあるようです。

太陽光発電 コスト

あなたの心の病をカウンセリングで解決しませんか?

相続者が神戸へ向かう

現金にお困りの方はコチラまで!

ページ一覧

  • TOP
  • 債務整理は専門家に任せて対策を
  • 債務整理をするときの相談先
  • 債務整理とはどのようなことか
  • 債務整理と過払い金返還請求